ヨガの小路を散歩して

アシュタンガヨガの練習日記、ヨガや旅のことなど綴っています

どうして運転なんかに手を出したのだろう

どうして車の運転なんてイキナリ始めたのだろう・・・。(無理ゲーに近い挑戦)

 

丁度時間と心の余裕があったし

今後親の介護や

ボランティア活動など

 

細々した具体的な理由はあるのだけど、だからと言って、それが30年のペーパードライバー歴を卒業する程の原動力になる理由でもないような気がしますね。

 

・・・誰かに頼りたくなかった。

 

これかもしれません。

何かするのも、ドコに行くのも・・・誰かに頼らないといけない状況に自分を置きたくなかった。

 

昭和の気の強い女よ・・・。(←これはもうセクハラ用語です。)

 

ジェンダー平等と言いながら、今でも運転席は男&助手席が女という構図が多いですね。

母の友人の孫世代(80代の孫なので、今の若者世代)でも、ディズニーランドに車で連れて行ってくれる男性はポイントが高いそうです。

“連れてってくれる”・・・既に依存したい訳で、自分で運転しようとは思わないのですね。

 

じゃー女性は運転免許を持っていないのかというと、先日まで通っていた講習所でも若い女性が沢山いました。

恐らく免許は持ってる・・・でも運転は男性に任せたい、という頭の中は・・・昭和でも同じでした。

潜在意識から変わるというのは、とても難しいモノなのですよね。

 

海に行きたい

山に行きたい

アウトレットに行きたい

・・・でも、彼氏かダンナが運転してくれないと行けない。

 

自分で行けるように・・・なれば良いじゃん。 (‘ω’)

きっと、私はちょっとだけ依存する事に抵抗したいのかもしれませんねー。(生まれ持った天邪鬼気質)

 

今のところ・・・目下練習中で一人で運転できるレベルではありませんが、、、蟻の一歩ずつの前進で頑張っています。

海や山などの交通量の少ない場所では運転できそうですが、そこに行くまでの高速や首都高は・・・まだ無理ですね(笑)。

社会人を引退する頃には、自由の翼(運転)で行きたいところに自分で行ける力を付けたいと思っています。

大いなる野望。

 

多分さ・・・アシュタンガのプラクティスなんかをやっている女性は、そういう強さも一緒に身に付けちゃうのかも。

依存を当たり前にしない気持ち。

もちろん素直に助けを求める事も大切なのだけど、男なんだから(女なんだし)や、自分には出来ない・・・と決めつけてはいけないのよ。

自由を手に入れた上で、不足部分を補ってもらう・・・が丁度良い感じです。

 

ちゃんと自分の足で大地に立つこと。

自分の手足を自分の意志で動かす事。

 

そんな事にも共通する気持ちです。

初心者運転イラスト|無料イラスト・フリー素材なら「イラストAC」

昭和のおばさん、頑張るわ。

毎回車にのる時に、ガンダム世代なので・・・コクピットに入って「アムロ、行きまーす!」と、出動(運転)しています。

助手席のシャア(アイカタ)が「おー怖い。アブナイ、アブナイ・・・」を連呼しています。

こう見えても昭和のニュータイプなもので・・・(もうこの件が分かるのは昭和世代)

一拍おいて考える力

売り言葉に買い言葉・・・口喧嘩している時は、頭から湯気出てる状態で(例えヨ、例え)・・・相手の言葉なんて聞いてない。

自分の主義主張を通そうと、、、大抵お互いに衝突して気分が悪い。

もちろん心の余裕なんてゼロ。

 

後から、後悔する事の方が多いのよね・・・。

 

ファビュラスな(笑)あの叶姉妹が、「一拍置いて考える力」について語っているSNSの投稿を見て、見習おう・・・と思っています。

 

『一拍置いて考える力。自分の中で受け止めた言葉を溜めて、一拍置いて考える力。

なんと言われても、自分は自分というスタンスで、柔軟でしなやかであるためには、自分の中に心の余裕が必要です。

(中略)

苛立たしさをむしろ好奇心に変換して、その言葉のありようを眺められる力が確実にあなたを頼りがいのある自分にしてくれるのです』

 

TVに登場し始めた頃は、色々いじられたり揶揄されていましたが、毅然と自分の築いてきたイメージを崩さず、今まで貫いているのはこういう強さなのね。

“その言葉のありようを眺められる”なんて、言葉自体がカッコよいですよ。

 

心の余裕が全て、、、だな。

 

セッカチ&慌てん坊なので、受け取った球は一回観察する余裕なんてないスピード返球。

が、その分勘違いや凡ミスもしやすい。

 

後で考えたら、別の案の方が良かった。

もっと言葉を選んで返信すれば良かった。

 

特に言い争いの時は、相手にボールを返す前に・・・追加で隠し玉を胸元に直球ストレートで投げ込むタイプ。

大人げない (´・ω・)

 

まずは、相手の言葉を受け取って「どういう事を言いたいのかな?」と奥の意図を考える。

自分の意見を伝える時は、「どうやったら一番伝わるのかな?」タイミングと言葉を選ぶ。

 

一拍置いて考える力・・・確かに重要。

 

ヘタな鉄砲数打ちゃ当たる・・・ではなく、確実に標的を射抜く一打ね。

それは言葉を変えると、省エネなのかもしれない。

 

また、相手から沢山の鉄砲玉が闇雲に飛んで来たら、、、一個一個を跳ね返すのではなく、出所を探る・・・みたいな。

奥にある、本当の姿を見極める。

 

なんか、呼吸を読むみたいな・・・武術みたい(笑)。

慌てん坊の武道家なんていないから・・・やっぱりデーンと構えた心の余裕と芯の強さは共通なのかもしれないですね。

 

言葉が多くてセリフが上滑りしてる人がいると、じーっと観察します。(相手は怯むけど)

その奥にある、その人なりの考えを読み取る方が自分が惑わされずに済みますねー。

 

一拍置いて、損はナシ。

f:id:Piccolina_mami:20240205210228j:image

自分自身の慌てぶりにも一拍置きたいものです・・・。(自分には甘い)

YoutubeのPrimary Led

大乙女の気まぐれ(更年期)で、日々練習のモチベも安定せず・・・。

たまにはLedも良いかな~と思って、Youtubeを検索。

 

動画があれば、宅練の一人Ledが出来るんじゃないか?と思ったのです。

海外の有名な先生のLedのクラス動画が沢山ありますね。

Guidedは説明が多くて落ち着かず、実際のクラス動画は音声が不明瞭だったり、アジャスト等でカウントがズレたりしちゃうので、アーサナ名とカウントぐらいのシンプルな動画を探しました。

 

折角なのでシャラ―ト師のカウントが良いな~。

 

で、見つけたのがコチラ。

Ashtanga Vinyasa Primary Series (with traditional Sanskrit count by Pattahbi Jois) - YouTube

 

f:id:Piccolina_mami:20240205205910j:image

Jason Scott先生の動画。 (ジョン スコット先生じゃないよ)

シャラ―ト師のカウントで彼が実際プラクティスしてるシンプルな作りです。

7年前の動画のためか、太陽礼拝もA5回&B3回のみ。

ウップルティヒの前の片鼻呼吸も入りません。

終わりのマントラも無し。

カウントのリズムが良くドリシティぐらいの説明のみなので、アーサナの順番を覚えている人向け。

上手く編集しているのか、ナバ―サナはテンポ良いカウントで嬉しい(シャラ―ト師が日本に来た時は、遊びでずーと長いカウントしてた)。

 

まだ再生回数が少ないせいか、途中の広告中断無く最後まで途切れず再生できました。(今のうちかなー)

 

が、が・・・久しぶりのLedのせいか、、、一つ一つのホールドが長く、、、途中で辛くなり(泣)

更に追い打ちのシルシャが25呼吸、ウップルティヒが25呼吸・・・結局、ポキっと心が折れました。(遠い目・・・)

 

普段自己流の小気味よいリズムで練習しちゃってるんですね。

辛くて胸が閉じちゃって、ブリッジすら出来ないヘナチョコでした。

 

・・・残念ながら終えた後は、ぐったりしてしまいました。

普段は練習後はエネルギー充電されて気持ち良いはずなんだけど、、、真逆でドンヨリ重くて苦しかった。

全くダメな練習になってしまったようです。

 

どうにかしないとなぁ~。

 

いつかこの動画で、ちゃんと練習出来るようになっていたい。

セカンドを練習していたところで、コッチが出来て無かったら意味ないもんなー。

 

反省と自戒を込めつつ、たまに宅練Ledをやってみようと思っています。

それにしてもYoutubeって便利♪

Jason Scott先生の動きはすごかった・・・。

途中でついつい心折れて画面を見ると、あまりのカッコよさに見とれてしまいました。

 

他にもYoutubeには沢山の有名な先生のPrimary Ledの動画があります。

Kino先生のガイド付き動画もあったので、今度ゆっくり見て見たいと思います。

やらなきゃ出来ない & やっても出来ない

今年はバックベンド再挑戦イヤー。

ドロップバック&カムアップと、セカンドの後屈シリーズ、、、お休みしていたら・・・ゼロ値に戻っています。

ほんと、ゼロ値なのよー ( ゜Д゜)

 

出来ていた頃と身体の感覚が全然違います。

違う事だけは分かっているので、取り戻すには・・・繰り返し練習するしかないのですよ。

頭であーだーこーだ考えても、身体の使い方のヒントを思いついても、、、やらなきゃ感覚は戻って来ないような気がしています。

やる度に、ヘッポコで凹みますよ・・・。

でも続けるしかない。

 

ドロップバックなんて、お腹も鼠径部も伸びず、大きく膝を曲げ手を遠くへ着いてギリギリ着地という始末。

(なので、カムアップなんて、、、まだまだ全然無理そうです)

 

正直ここまで退化するとは思ってなかったので、最初は戸惑いましたが、最近慣れてきましたよ。

・・・こんなもんだ。

 

ラグバジュラは、身体を起こせず・・・ブロックの上に頭を乗せて、ようやくどうにかやってます。

お腹が抜けちゃうのは、まだまだ体がそこまで戻ってない証拠。

 

カポの壁練なんて(まだカポの練習の前段階)、どこが伸びるのかすら意識出来なくて苦しい呼吸。

 

うむむ・・・これが現実。

とりあえず繰り返して体が少しずつ対処していく過程を眺めてみよう・・・長期戦の構えで楽しくやっています。

 

一度出来たんだから、、、全く出来ないという事もないだろー。(多分ね)

 

とは言え、何度も言われているのに全然ピンと来てない身体の使い方もあり・・・

これは、出来たと思っていたのですが、、、まーぼーろーしー!

5年以上前に指摘されて、多分そこから2-3回は同じ事を指導されている・・・(´・ω・`)

前屈で股関節のスペースを保って骨盤を立てたまま前屈すること。

お腹を使って・・・と言われると、腹直筋やらみぞおちまで固まっちゃう、「自分、不器用なんで・・・」。

全然、感覚が掴めません。

 

何となくコレかな?でやっているのですが、定期的に指摘されているので・・・ハズレだな(笑)。

 

繰り返しやっても、全く先生のアドバイス通りに使えない筋肉・・・これはどうしたものか。

ガッテンが来る日が待ち遠しいです。来世かな?

とりあえず、やったら出来るようになると信じてやまないバックベント、、、これから頑張ろうと思います。

股関節とお腹の伸び・・・腸腰筋のアイツですね。

上手く使えるようになるために、ヨボヨボの後屈を日々重ねていきますわ・・・。

 

やっても出来ないお腹の使い方は・・・むむむ、暫く寝かせておこう(自己判断) (‘ω’)

 

予兆を見逃さず

まー猫さん達、カワユシ♡

実家の居候猫さんも、猫サロンの猫ちゃん達も、癒し。

棒の先に紐でオモチャが付いている遊び道具は、猫ちゃん達のハッスルを見てるだけで可愛い。

 

遊び過ぎちゃって、たまに紐が幾重にも絡まってしまう事があります。

解こうとしても、、、知恵の輪以上の難易度で諦めました・・・。

絡まった部分を切って、短い紐にして遊びますわ。 (‘ω’)

 

あー、、、こんなに絡む前にやっておけば良かった・・・。

 

総じて・・・早い段階で気づいて対処する事って、結構大切なのですよね。

“あー、まだこんなんじゃ大丈夫”と思っていると、あっという間にどーにもならん事態になるのですよ・・・(紐類は特に!)

 

実生活でも。

 

風邪も早めに対処すれば、寝込むほど悪化しなかったり、

疲労やストレスを感じたら、しっかり休息をとれば回復できたり

まめに掃除をしておけば、年末の大掃除が一大イベントになる事も無いのです。

 

あれ?と少しでも違和感があれば、見過ごさずに一旦立ち止まってみる。

 

案外・・・自分の事となると後回しになりがちなものですねー。

特に若い時のまま、体力、気力、精神力を過信しがち(笑)。

それで「ぐぅぅぅ・・・もう動けん」と思った時には、、、遅いのですよ。

 

今年は特に50歳の節目、婦人科の定期健診も誕生日以降は不要になり、身体の変化は自分で早く気づく事がテーマだと思っています。

やーねー・・・と言っていても、自分の身体とは一生のお付き合いですからね。

過信したまま内側の声を無視して、病に蝕まれることのないよう・・・変化には敏感になろうと思っています。

 

心も然り。

“これくらいで”が多いのよ、ワタシ。

もともと楽観的なので「どーにかなるだろ」という気持ちで押し通しがちなので、、、、。

50歳を節目に、小さな心の陰に寄り添って、どこかで見切りを付けたり、逃げる事も学んで行かないとねー。

 

ちょっとした変化に早めに気づく、対処する ←これ、50歳からのテーマね。

 

猫さん達を見てると、ほんと学ぶことが多いですよ。

そっと友達に寄り添ったり、

嫌な時は容赦なく猫パンチするし、

気持ちよさそうに撫でられていたと思ったら急に嚙みつくし。

f:id:Piccolina_mami:20240205210111j:image

あれくらい、気ままで自由でいるのが良いのよねー。

ワイルド過ぎて紐が絡まる心配なんかしながら遊ばないわよね・・・人間だけよ、困るのは(笑)

何故か憎めない人

車を買ったのですけどね、まぁまぁ・・・ディーラーの担当のお兄さん、やらかします(笑)。

 

ご担当して頂くきっかけは、、、ふらりと買う予定なく訪れた販売店で、展示エリアが分からず裏の工場エリアをウロウロしていたら、アヤシイ者だと思われ声をかけられたのでした。

 

事情を話して展示エリアにご案内頂き、名刺を渡されたのがご縁でした。

その時は「販売のお仕事3年ぐらいですかー、お若いですねー」と世間話で終わりました。

 

ディーラーのお兄さんも、自転車でやって来た普段着の我らアヤシイ二人組・・・なので、冷やかしでヒマつぶしで来たのだろうと思ったようです。

 

本人達は案外本気で、車種まで決めて見てたものですから・・・

そんなアヤシイ出会いから、2週間で売買契約まで進めちゃいました。

 

が、お兄さん・・・・まだまだ3年目のためか、セールストークは全然苦手なのが丸見え(笑)。

こちらが「え?」って顔すると、追加サービスやオプションを勧めてこない(←なんとも営業としての押しは弱い)

そして契約に対する進め方や説明が・・・若干不安。

 

でも、そのお兄さん・・・なぜか憎めないタイプなんですよ。

確かにお顔も斎藤佑樹さんのように整っていますが、言葉に小賢しさや悪気が一切ないのですよ。

営業トークも上手じゃないので、言葉が上滑りしてなく、変なゴマカシや言い訳が無いのが逆に好感でした。

(立て板に水の営業トークだったら、とっくに担当チェンジでしたねー)

勝手な昭和の中古車ディーラー屋さんのイメージで、カモ客には言葉巧みに高く売りつけて騙す人がいると思っていたので、性格も真っ直ぐで肩の力の抜けた感じが、令和のディーラーさんなのかしら。

 

“営業”と聞くと、口が上手&グイグイとソツなくお客を納得させて、売り上げを勝ち取っていくという感じかと思っていたのです・・・

全然違う(笑)。

 

案外担当のお兄さんみたいなタイプの方が、運や縁がやってくるのかな・・・と思いました。

(我々も、ある意味棚ボタの成約だしねー)

 

しっかも・・・割と大きなチョンボをしたんですけどね(笑)、なんか許せちゃう。

本人も大反省でアワアワしてるので、こちらも助けてあげたくなっちゃう。

(希望したナンバープレートの番号を申請し忘れたという・・・)

 

あー・・・きっとこういう人はピンチでも、誰かが手を差し伸べてくれる運を持っている人なのかもしれません。

そういう人って、周りにいませんか?

 

努力して、そういう風になろうとか振舞おうと演技しても、メッキが剥がれるため通用しません。

持って生まれた“何か、持ってる人”なのだと思いますわー。

 

過去の魂が一杯徳を積んだのでしょねー、ご本人は全然意識してないのでしょうけど 笑。

 

そうして、まー・・・このお兄さんとこの車のコンビネーション・・・ご縁なのだと納得して購入したのでした。

納車時に「あ、自分左バック駐車得意です(キラリ!)」と、切り返しなしで一発駐車できた時だけ「おー!やっぱりディーラーさんだわー」と惚れ直しました。

f:id:Piccolina_mami:20240205210015j:image

はい、その駐車・・・アイカタが助手席で指示を出しながら・・・ワタクシ5回ぐらいやり直して、どうにか駐車できる感じですよ。

全然一人で出来る気がしていない・・・現在猛特訓中です。

 

呼吸の入れ方

スタジオ練習時にウシュトラで先生からのアドバイスが入りました。

「うーん、胸椎の上部が動いてないねー」

・・・はい、ごもっとも(自覚200%です)

 

呼吸のイメージを変える・・・内部の感覚や骨が動くイメージ等々、伝えて頂きました。

 

おぉ・・・開眼♪ 

ちょっと動かせるようになったぞ(個人の感想です)

 

呼吸でストレッチするという感覚が出てきましたよ (‘ω’)

面白いものです。

 

後屈の時に少しだけ身体の無駄な緊張が取れ、呼吸が入りやすくなりました。

外側には現れない微細な内側の変化ですけどね、私にとってはビックフット並みの大きな1歩。

 

今までは、

吸う息は肺を膨らませる時に胸骨(左右の肋骨を繋ぐちっこいネクタイみたいな骨)あたりまで入れて、背中の後ろにも息がはいるようなイメージでした。

 

変えたのは

胸骨を越えて、鎖骨の間の窪みが少しだけ上に引きあがるくらい、背面も頚椎と胸椎の境目(首の付け根の後ろ)まで呼吸を入れるイメージ。

 

恐らく胸骨の高さで呼吸をしていたので、胸椎の上部を逆に固定してしまったのかもしれません。

鎖骨の緊張がほぐれて、少しだけ肩や鎖骨もリラックスして後屈に入れるようになったような・・・気がします。

 

少しの差よ、それでも。急にグニャリと曲がるようにはなりません・・・。

とは言え、呼吸にゆとりが生まれて苦しくて息を止めてしまう事は減りました。

 

・・・そうして、なんと少しずつラグバジュラも楽しみながらトライしています。

まだ頭が磁石のようにマットにくっ付いて、起き上がれない状態へ戻っています。(4年前ぐらいの身体の感覚)

ブロック1個の高さでは行けるんですけど、、、ブロックを外した途端に難易度がグッとあがりますね。

 

これも必死にクリアするというより、毎回“こどもチャレンジ♪”と・・・心で遊びながらやっています。

カポの練習の前の前段階・・・膝立ちで壁に手を着く、、、までが今の自分の練習。

そこまでやるとブリッジが楽になるんですよねー。

f:id:Piccolina_mami:20240128044758j:image

焦らず、ムキにならず、楽しくね。